親知らずの抜歯

048-450-4618

診療時間

朝霞駅徒歩1分

駐車場完備

休診日、日曜祝日

WEB予約

キービジュアル

CT撮影」による精密な診断

親知らずの抜歯は
ありふれた治療ではありますが、
しっかりとした診査診断が
とても大切になります。

親知らずの抜歯は「安全性」を追求します

ドクター

親知らずの抜歯はありふれた治療です。
しかし、「外科処置」の1つになりますので、安易な処置はできない治療でもあります。

特に親知らずの近くに血管や神経が通っている場合、慎重な診断が必要です。
間違って傷つけてしまうと、多量の出血や一時的な麻痺が生じることもあります。

そのため、当院ではCT装置を利用した精密な事前の診査診断を徹底しています。

事前の診査診断では「レントゲン検査」を行います。
その際に利用するのは「二次元レントゲン」もしくは「三次元レントゲン(CT)」となります。

三次元レントゲン(CT)はまだまだすべての医院に導入されているものではないため、多くの医院では二次元レントゲンで診査診断を行います。多くのケースではこれでも問題ありません。

しかし、難症例になってくると、話は違ってきます。

下の画像をご覧ください。
親知らずの抜歯のケースではないのですが、「左」が二次元での撮影「右」が三次元での撮影です。

  • 比較1
  • 比較2

丸がついている部分が問題の生じている部分です。
三次元ではしっかり黒い影が出ていますが、二次元ではそれが確認できないと思います。

つまり、二次元レントゲンだけで診査診断をした場合は、「問題はない」と判断してしまうということです。これはとても怖いことです。

歯科医療において「見える」「見えない」は、結果に大きな影響を与えます

当院では「しっかり見える」三次元のCT装置を利用した診査診断を行います。

  • CT1
  • CT2

親知らずを抜歯する「基準」

ドクター2

親知らずは必ず抜歯しなければならないものではありません。抜歯しなくとも、特に問題が起きないと判断した場合はそのままにします。

しかし親知らずがあることで、虫歯の温床になる可能性があったり、他の歯に何かしらのダメージを与えると判断した場合は抜歯となります。

抜歯・非抜歯の判断は患者様だけではできませんので、まずはお問い合わせください。
抜歯になったとしても、ならなかったとしても、皆様が納得される説明をいたします。

その他、親知らずの抜歯以外の「口腔外科」に関して

相談

当院の口腔外科では、親知らずの抜歯以外にも、インプラント顎関節症口内炎スポーツなどによる外傷など幅広い疾患に対応しています。顎に違和感がある、腫れや痛みがあるなど、気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

インプラントに関しては歯科口腔外科をご参照ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約

電話でのお問い合わせ

電話

医院の住所

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台 6-3-37 スペシアス1F

このページの先頭に戻る