入れ歯

048-450-4618

診療時間

朝霞駅徒歩1分

駐車場完備

休診日、日曜祝日

WEB予約

キービジュアル

入れ歯は「科学」です

「前歯」で噛んでも
「外れない入れ歯を」
得意としています。

入れ歯製作に「自信」があります。その「根拠」をお伝えします

ガタガタして安定しない
噛むたびに浮き上がり、外れる
入れ歯が歯肉に当たって、痛くて噛めない
食べたものが入れ歯の中に入ってしまう
軟らかいものしか食べられない

院長

このような悩みをよく伺います。

皆様、相当に悩んでいることがこちらにも痛いほど伝わってきます。

これらの悩みは「入れ歯が合っていない」ことで生じる問題です。つまり、「合う入れ歯」を製作することで入れ歯の問題の多くは解消します。

合う入れ歯の製作方法、お伝えします。

Point1
「科学的根拠」に
裏付けられた知識と経験

診療

これまで多くの入れ歯を見てきましたが、「経験と勘」に頼った入れ歯製作がよく見受けられます。もちろん、多くの経験値にもとづく職人的な勘はとても大切です。

しかし、歯科医療は「科学」であり、入れ歯製作も例外ではありません。
「勘」と呼ばれる領域も「理論」に落とし込み、製作する。
これがプロとしての姿勢ではないでしょうか。

通常の入れ歯は前歯で強くかんでしまうと、入れ歯は外れます。
しかし、当院の製作する入れ歯では前歯で噛んでも外れません

これも「科学」の力です。

Point2
診断用義歯を利用し、
「理想の形態」を探る工程

良い入れ歯の条件として外すことができないのは「しっかり噛めて」「長持ちすること」です。

これを達成させるためには、様々な精度の高い工程を踏む必要があります。
その中でも大切な工程は「噛み合わせの調整」です。

調整

診断

一般的な入れ歯製作では、上下の歯型を採って入れ歯を作製しますが、それでは十分ではありません。なぜなら、その状態で作られた入れ歯は、「何もしていない状態」に合わせた入れ歯のためです。もっと言ってしまうと「お話をしている状態」「食事をしている状態」の顎の動き・筋肉の動きを反映させていない入れ歯ですので、どうしても問題が生じます。

これがしっかり反映されていないと、どんなに高価な金属を使った入れ歯であっても「痛い・噛めない・外れる」入れ歯が出来上がってしまいます。

当院では、この普段の生活で生じるお口の様々な動きを「診断用義歯」というものを利用し情報を収集していきます。

診断用義歯による診断を何回か行うことで、お口にあった入れ歯の形態が判明します。その形態を本番用の入れ歯に反映させることであなたに合った入れ歯が完成します。

あなたの「お悩みを少しでも改善させる」入れ歯のご紹介

最近では患者様のニーズに合わせ、様々な入れ歯が開発されています。
例えば、「目立ちにくい入れ歯」「痛みが少ない入れ歯」「しっかり噛める入れ歯」などです。

患者様に「こうしたい!こうであってほしい!」という入れ歯のニーズがある場合は、これらを利用することで、より一層、入れ歯の不便さから解放されます。
いくつかの入れ歯をご紹介します。

金属の「バネがない」審美入れ歯・
通常よりも「壊れにくい」

エステショット

「見た目を重視」している方に最近人気があるのが、「金属のバネ」がないノンクラスプデンチャーというものです。金属バネ部分を、歯茎に近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。当院では「エステショット」という商品をご提案しています。

金属

また、ノンクラスプデンチャーには「壊れやすい」という欠点があります。それを改善するため、当院では耐久性を高めるため「金属」を補強として見えない部分に取り付けるオプションもご用意しています。

自分の歯のように「しっかり噛める」
入れ歯ー高い安定性

当院では、「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯、「磁石+インプラント+入れ歯」のインプラントマグネットデンチャー、「茶筒の原理」を利用したコーヌスクローネ義歯をご用意しております。こちらも金属のバネを利用しませんので目立ちません。その他、しっかり入れ歯を安定させる仕組みがありますので、ものをしっかりと噛め、外れにくく非常に安定した入れ歯になります。それぞれご紹介します。

「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯

磁性

お口に残っている歯根に金属を装着し、入れ歯に設置した磁石と吸着させ、入れ歯が外れないようにするのが磁性アタッチメント義歯になります。金属のバネが構造上必要ないため目立ちませんし、異物感もほとんどなくなります。

「磁石+インプラント+入れ歯」のインプラントマグネットデンチャー

マグネットデンチャー

インプラントを使った磁石の入れ歯(インプラント・マグネットデンチャー)とは、磁石を組み込んだ入れ歯とインプラントを組み合わせた入れ歯です。歯がない部分にインプラントを埋め込み、磁石を組み込んだ入れ歯で固定します。しっかり噛めるだけでなく、顎がやせていくのを防止したり、噛み合わせの改善など様々な利点があります。また、骨が少なく通常のインプラントが困難な場合にも適しています。

部分入れ歯でも総入れ歯でもどちらでも対応可能です。

茶筒の原理を利用した「コーヌスクローネ義歯」

コーヌス

欧米で最も信頼の高い高度精密義歯
それがコーヌスクローネ義歯です。

ヨーロッパ、特にドイツでの半世紀以上にわたる基礎的研究と数多い臨床実績があり、義歯修復治療としては、評価の高い治療法です。

コーヌス義歯は金属のバネがありませんので目立ちません。入れ歯を維持させるため、バネの代わりに茶筒の原理を応用した内冠と外冠の摩擦力を維持とします。そのため自然な噛み合わせで噛め、当たって痛い、外れやすいということが非常に少ない義歯です。

最後に

入れ歯は「歯を失った際の選択肢の1つ」です。
その他の方法として、インプラントやブリッジ治療があります。

院長2

インプラントは怖い
ブリッジは健康な歯を削るから

このように感じている方も多いと思います。
しかし、最近では技術の進歩もあり、インプラントの安全性の向上、削る量が少ないブリッジ治療も出てきています。

どの治療法にもメリット/デメリットが存在します。
そして、入れ歯では達成できないことが、他の治療法で達成できることもあります

当院は「総合歯科医院」ですので、すべての治療に対応しています。

皆様の「こうしたい!」をお聞かせください。
適切な治療法、治療プランを複数ご提案いたします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約

電話でのお問い合わせ

電話

医院の住所

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台 6-3-37 スペシアス1F

このページの先頭に戻る