虫歯治療

048-450-4618

診療時間

朝霞駅徒歩1分

駐車場完備

休診日、日曜祝日

WEB予約

キービジュアル

「痛みへの配慮」は
歯科医としての「責務」

  • 痛みを軽減させる4step法
  • 削る量を最小限にする様々な工夫
  • 歯の神経を守る
    抜歯を回避する治療法

患者様が感じる「不快感」。可能な限り排除した治療を行います

患者様にとって歯医者は「嫌なところ」かもしれません。
しかし、歯科医院側の工夫次第でそのイメージを払拭することができます。

当院では「痛みの軽減」「削る量を最小限に」「神経を守る」「抜歯を回避する」というテーマで虫歯治療に取り組んでいます。それぞれを具体的にご紹介します。

痛みを少なく、削る量を少なく、
歯の神経を守る治療

「痛みを抑えた」4step法

虫歯治療の際の嫌なことの一つは、麻酔注射による痛みです。
しかし、注射時に工夫することで、痛みを抑えることができます。
当院では4つのStepを踏んで麻酔をしていきます。

STEP1表面麻酔

表面

すぐに注射をするのではなく、まずは麻酔液がしみこんだシールを歯肉に貼ることで麻酔をします。

STEP2麻酔液を温める

温め

注入する麻酔液の温度と体温に差があると痛みの原因となりますので、麻酔液を体温近くまで温めます。

STEP3極細の針を利用

針

注射針の種類は多数ありますが、当院では現在利用できる針の中で一番細い針を利用します。針が細ければ細いほど痛みが軽減されます。

STEP4時間をかけてゆっくりと麻酔液を注入

麻酔

急激に麻酔液を注入すると、細胞が膨張して痛みの原因となりますので、一定の速度で麻酔液を注入できる電動麻酔注射を利用します。

「削る量を最小限に抑える」工夫

院長

虫歯治療では、虫歯に感染した部位のみを削りとることが大切になります。

患者様からすると「?」と疑問に思うかもしれませんが、一般的には、健康な歯質までも一緒に削り取っています

このようなことが起きてしまう背景には、利用する機器の精度やドクターの考え方が影響しています。

歯は削ると二度と再生しません。
そして再発を繰り返し、その度には多くの歯質を削ってしまうと、最終的には削る歯もなくなり、入れ歯等の運命が待ち受けています。

そうならないためにも「削る量を最小限にする」ということがとても大切になります。

ここからは、どのような工夫をしているのかをご紹介します。

こだわり1.データで虫歯の有無を判断する「ダイアグノデント」

ダイア

ダイアグノデントには次のような特徴があります。

  • 「経験や勘」ではなく、データで虫歯の有無を判断
  • 従来は発見が困難だった小さな虫歯を早期発見
  • 虫歯検出率90%という高い信頼性

つまり、ダイアグノデントを利用することで次のことが達成できます。

  • 肉眼では分かりにくい初期虫歯を早期に発見してくれるので削る量を最小限に抑えることができる
  • 虫歯でない部分を間違って削ることを防ぐことができる
  • 治療後にダイアグノデントで再チェックすることで虫歯の取り残しを防止できる

ダイアグノデントを利用することで、以前までは「削っていた歯」も、「削らない・削りすぎない」という選択ができるようになり、早期発見や取り残し防止にもなるため、「再発の可能性を下げる」ことができます。

こだわり2.治療の精度を飛躍的に高める「高倍率ルーペ」

  • ルーペ1
  • ルーペ2
  • ルーペ3

歯科治療においては、数10μmを識別して治療を行う必要があります。しかし人間の裸眼では識別域は0.2mmが限界といわれていますので、肉眼での治療では精度の高い治療を行うことは不可能です。そこで当院では「高倍率ルーペ」を利用し、高倍率視野での治療を行います。

こだわり3.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
当たり前のことですが、虫歯に感染した部位が分かればその部分だけを削ればいいので、健康な歯まで削ってしまう可能性は少なくなります。

可能な限り「歯の神経を残す・抜歯を回避する」治療

最近は患者様の歯に対する意識が高まり、「歯の神経を残したい」「できれば抜歯したくない」というご要望を受けることがあります。

その考えには私も大賛成です。

歯の神経を除去してしまうと、歯は枯れ木のようにもろくなってしまい歯の寿命が短くなります。また、抜歯してしまうと入れ歯やインプラントなどの治療が必要となり、患者様の負担が大きくなります

では、具体的にどのような治療を行うのかをご紹介します。

歯の神経を残す
「ドックベストセメント」の活用

ドックス

当院では、今までの虫歯を削って治すという発想とは全く違う、“虫歯を削らないで殺菌する”という方法も取り入れています。

専門的な話になってしまうので割愛しますが、通常、歯の神経を除去しなければならなかったケースであっても、ドックベストセメントという材料を利用することで歯の神経を残しながら治療をすることができるようになります。

抜歯を回避する「エクストリュージョン法」

エクストリュージョン法

虫歯が過度に進行してしまった場合、通常は抜歯の運命を辿ります。
しかし、「エクストリュージョン法」を活用することで、ケースによっては抜歯せずに歯を残すことが可能になります。

この方法は歯根廷出術とも言い、矯正治療の1つです。
歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、被せ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

  • エクストリュージョン法1
  • エクストリュージョン法2
  • エクストリュージョン法3

最短1日で「銀歯を白く」する方法もあります【保険適用】

CR

銀歯を白くするためには審美セラミック治療が一般的です。
しかし、最近ではダイレクトボンディング法という治療法が広まっており、審美セラミック治療と比べ安価、そして短い治療期間(最短1日)で治療できるようになっています。

また、銀歯を白くするだけでなく、「歯の表面の傷や白濁を改善」させたり、「すきっ歯の改善」、「歯の形の創造」などにも応用できる治療法になります。

そしてなによりも、詰め物や被せ物を利用した治療法よりも、歯を削る量を少なるできるのが大きなメリットです。

適応症例が限定されますが、興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約

電話でのお問い合わせ

電話

医院の住所

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台 6-3-37 スペシアス1F

このページの先頭に戻る